Hayato Hirose Official Website




バベルの塔 Tower of Babel

 演奏時間  約11分40秒  編成(*印はオプション)
 グレード  5 Picc.
Fl. 1 / 2
Ob.*
E.H.*
Bsn. 1* / 2*
Es Cl.*
Cl. 1 / 2 / 3
A.Cl.*
Bs.Cl.
C.B.Cl.*
A.Sax. 1 / 2
T.Sax.
B.Sax.
Trp. 1 / 2 / 3
Cnt. 1 / 2
Hr. 1 / 2 / 3 / 4*
Trb. 1 / 2 / 3
Euph. 1 / 2*
Tuba
S.B.*
Timp.
Perc. 1 / 2 / 3 / 4
Pf
Celesta*
Harp*
【使用打楽器】
Timpani
S.D.
Tom-Tom
Tenor Drum
Bongos
Congas
S.C.
C.C.
Antique Cymbal
Sizzle Cymbal
Tri.
Sleigh Bells
B.D.
Tam-Tam
Glk.
Vib.
 最小人数  31人〜
 楽譜  デ・ハスケ
 楽譜サンプル  スコアPDF
 参考音源  YouTube
 CD  デ・ハスケ
 主なソロ楽器  Ob. (or Cl.) / E.H. (or A.Sax.) / Euph.
 Trp最高音  Trp.1: 実音High C(記譜レ)
 Trp.2: 実音F(記譜ソ)
 Trp.3: 実音Des(記譜ミb)
 Cnt.1: 実音As(記譜シb)
 Cnt.2: 実音Es(記譜ファ)

曲目解説

「バベルの塔」は2006年に作曲され、作曲者の師である作曲家のヤン・ヴァンデルローストに捧げられています。初演は2006年9月ベルギーのルーヴァンにて、作曲者の指揮レメンス音楽院シンフォニックバンドによって行われました。日本初演は同年11月、大阪市音楽団 第93回定期演奏会にて、秋山和慶指揮、大阪市音楽団の演奏で行われました。

ノアの方舟の大洪水の後、東方から来た人々はシンアルの地に移住し、街を建設しました。彼らは神によって再び各地に散らされない様にとの願いを込め、天にも届く巨大な塔「バベルの塔」の建設を始めます。神は人間のこの様な行動を危惧し、それぞれ別の言語を話させるようにしました。これによって人々はお互いの意思疎通が出来ずに混乱し、塔の建設を止め、世界各地に散らばっていきました。(旧約聖書「創世記」 第11章1-9節)

作曲者は、この旧約聖書の広く知られた一節を元にドラマチックな標題音楽を作曲しましあた。作品は以下の7つの楽章が切れ目なく演奏されます。

【1楽章】バベルの塔
【2楽章】東方からの移住者
【3楽章】塔の建設
【4楽章】希望
【5楽章】神の危惧
【6楽章】混乱
【7楽章】離散


楽譜の訂正

 場所  パート  訂正内容
 1小節目  Timp.  冒頭のチューニング:F#,Bb, C, Eb → F#, Bb, C, E
 11小節目  Timp.  音変え:「Change F# to G」と共に「Change E to Eb」を追加
 29小節目3,4拍目  Pf.  Hrpのキュー:Hrpの譜面と違っている → Hrpの譜面の通りに演奏
 48〜51小節目  A.Sax.1, 2  スコアとパート譜の音が違っている → パート譜の通りに演奏