ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

「バベルの塔」 Tower of Babel

グレード 5
時間 11' 40"
人数 31人~
出版
デ・ハスケ
(DHP 1074199)
サンプルスコア
スコア1ページ目
(PDFファイル)
スコア全体の閲覧
(デ・ハスケHP)
サンプル音源 サンプル音源 (抜粋)
竹内雅一指揮/名古屋芸術大学ウインドオーケストラ
録音
「バベルの塔」
(OVCC-00043)
秋山和慶指揮/大阪市音楽団
「ダビデの栄光」
(DHR 10-030-3)
竹内雅一指揮/名古屋芸術大学ウインドオーケストラ
「バベルの塔」
(DHR 04.020.3)
竹内雅一指揮/名古屋芸術大学ウインドオーケストラ
「全日本吹奏楽コンクール2009 Vol.11」
(KICG-3381)
松田和寛指揮/山口大学文化会吹奏楽部

「バベルの塔」
 → 楽譜訂正表
 → コンクールカット案

編成(*は省略可)
Picc.
Fl. 1 / 2
Ob.* (Cl にキュー)
E.H.* (A.Sax にキュー)
Bsn.1*/2* (T.Saxにキュー)
Eb Cl.*
Cl. 1 / 2 / 3
A.Cl.*
Bs.Cl.
C.B.Cl.*
A.Sax. 1 / 2
T.Sax
B.Sax
Trp. 1 / 2 / 3
Cnt. 1 / 2
Hr. 1 / 2 / 3 / 4*
Trb. 1 / 2 / 3
Euph. 1 / 2*
Tub.
D.B.*
Timp.
Perc. 1 / 2 / 3 / 4
Pf.
Celesta* (Pfにキュー)
Hrp.* (Pfにキュー)
<使用打楽器>
Timpani, Tenor Drum, Bongos, Tom-Tom, Snare Drum, Tam-Tam, Suspended Cymbal, Crash Cymbals, Sizzle Cymbal, Antique Cymbals, Congas, Anvil, Triangle, Bass Drum, Sleigh Bell, Glockenspiel, Vibraphone



プログラムノート
「バベルの塔」は2006年に作曲され、作曲者の師である作曲家のヤン・ヴァンデルローストに捧げられています。初演は2006年9月20日、ベルギーのルーヴァンにて、作曲者の指揮、レメンス音楽院シンフォニックバンドによって行われました。日本初演は同年11月2日、大阪市音楽団第93回定期演奏会にて、秋山和慶氏の指揮、同楽団の演奏で行われました。

ノアの箱舟の大洪水の後、東方から来た人々はシンアルの地に移住し、街を建設しました。彼らは神によって再び各地に散らされない様にとの願いを込め、天にも届く巨大な塔「バベルの塔」の建設を始めます。神は人間のこの様な行動を危惧し、それぞれ別の言語を話させるようにしました。これによって人々はお互い意思の疎通ができずに混乱し、塔の建設を止め、世界各地に散らばっていきました。
(旧約聖書「創世記」 第11章1-9節)

作曲者の広瀬勇人は、旧約聖書の広く知られた一節を元に劇的な標題音楽を作曲しました。作品は以下の7楽章が切れ目なしに演奏されます。

1、バベルの塔
2、東方からの移住者
3、塔の建設
4、希望
5、神の危惧
6、混乱
7、離散



フッターイメージ