ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

「アクロポリス」 Acropolis


編成 バリテューバ4重奏
グレード 4
時間 4' 10"
楽譜 ブレーンミュージック
(ENMS-84173)
サンプル
スコア
スコア1ページ目
(PDFファイル)

録音
喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクションズ
(BOCD-8189)
ユーフォ二アム・テューバ・カンパニー
サンプル音源
ユーフォ二アム・テューバ・カンパニー

編成 プログラムノート
Euphonium 1
Euphonium 2
Tuba 1
Tuba 2

「アクロポリス」は2008年3月、「TUBIUM(テュービアム)」の委嘱により作曲され、同年4月「テュービアム・コンサートvol.7」にて初演されました。

タイトルの「アクロポリス」は古代ギリシアの「小高い丘、砦」を指します。パルテノン宮殿の建てられたアテネのアクロポリスが特に有名で、外敵を寄せ付けない堅固な城壁や、高貴で神聖な空間がユーフォ二アムとテューバのアンサンブルによって描かれています。

曲は「急-緩-急」の三部形式で構成され、躍動感溢れる16分の12の主題と、ワルツ調の中間部の主題が対比されています。演奏会のオープニング、またコンクールピースとしても最適でしょう。


アンサンブル・ソロ作品一覧

フッターイメージ