Hayato Hirose Official Website




遠い空の向こう Beyond the Distant Sky

 演奏時間  約7分00秒  編成(*印はオプション)
 グレード  4 Picc.
Fl. 1 / 2*
Ob.*
Bsn.*
Cl. 1 (div.) / 2 / 3
Bs.Cl.*
S.Sax.*
A.Sax. 1 / 2*
T.Sax.
B.Sax.
Trp. 1 / 2 / 3
Hr. 1 / 2 / 3* / 4*
Trb. 1 / 2 / 3*
Euph.
Tuba
S.B.*
Piano.
Perc. 1 / 2 / 3 / 4* / 5*
【使用打楽器】
Timp.
Tom-Tom (4)
S.D.
Hi-Hat
S.C.
Wind Chime
B.D.
Tub.Bell
Glk.
Xylo.
Vib.
Mrb. 
 最小人数  22人〜
 楽譜  ブレーンミュージック
 楽譜サンプル  スコアPDF
 参考音源  YouTube 
(初演音源。一部オーケストレーション、旋律等が異なります)
 CD  
 主なソロ楽器  Picc. / Cl. / Piano
 Trp最高音  1st: 実音A(記譜シ)
 2nd: 実音Es(記譜ファ)
 3rd: 実音C(記譜レ)

曲目解説

この作品は2021年、東海大学菅生高等学校吹奏楽部の委嘱作品として作曲されました(初演時の曲名:「松姫〜遠い空の向こう」)。

曲は戦国大名・武田信玄の娘、松姫を題材に作曲されたもので、その半生は波乱に満ちていました。松姫が7歳の時、織田信長の嫡男で当時11歳だった織田信忠と政略的な婚約が結ばれます。幼い2人は文通で親交を深めましたが、やがて両家が対立し2人の婚約も解消。しかし婚約解消後もお互いの気持ちが離れることはなく、遠い空の向こうに暮らす相手に思いを馳せながら、結婚せずに年月を重ねます。

松姫が21歳の時、織田家は武田家の領地に侵攻し、信玄亡き後の弱体化した武田家を滅亡に追い込みます。松姫の住む高遠城(現在の長野県伊那市)も織田家の攻撃を受け、松姫は家臣から託された3人の幼い娘を連れて、必死の想いで八王子までの長い山道を逃亡。命からがら八王子に辿り着き、知り合いのもとでひっそりと暮らすことになりました。

そんな松姫のもとにある日突如、信忠の使者が現れ、松姫を信忠の結婚相手として正式に迎え入れたいと伝えます。喜ぶ松姫は急いで信忠のもとに向かいますが、その道中、かの有名な「本能寺の変」が起き、信忠は信長とともに本能寺で亡くなりました。失意の松姫は八王子に戻って出家し、亡くなった信忠や武田家一族を弔う日々を送りながら、引き取った家臣の3人の娘を懸命に育て上げ、独身のまま56歳で静かにその生涯を終えました。この作品はこの様な松姫の、過酷な運命に翻弄されながらも力強く、また慎ましく一途な愛に生きた人生に感銘を受け、作曲されました。

最小で22名の小編成バンドから35名程度の中編成バンドでの演奏に適しており、松姫が信忠に思いを馳せる切ない様子、織田軍の攻撃から必死に逃れる緊迫した様子など、情景描写豊かな音楽がドラマチックに展開されます。クラリネットの人数・音量が少ない場合はオプションのソプラノ・サックスを加えることで全体のバランスがとりやすくなり、打楽器(最小3名から)の人数が少ない場合は、Perc.3の演奏者がPerc.4のB.D.キューも同時に演奏すると(フットペダルを使用してドラムセットのB.D.を叩く)、少ない人数でも厚みのあるサウンドを作ることが出来るでしょう。