Hayato Hirose Official Website




ウルクの王 The King of Uruk

 演奏時間  約6分35秒  編成(*印はオプション)
 グレード  3+ Fl. 1 / 2* / Picc.*
Ob.*
Bsn.*
Cl. 1 / 2
Bs.Cl.*
A.Sax. 1 / 2*
T.Sax.
B.Sax.*
Trp. 1 / 2* / 3*
Hr. 1 / 2* / 3*
Trb. 1 / 2* / 3*
Euph.
Tuba
S.B.*
Piano*
Perc. 1 / 2 / 3*
【使用打楽器】
Timpani
Wind Chime
S.C.
Tom-Tom (3)
Hi-Hat
S.D.
C.C.
Tri.
B.D.
Glk.
Vib.
 最小人数  12人〜
 楽譜  フォスターミュージック
 楽譜サンプル  スコアPDF
 参考音源  YouTube
 主なソロ楽器  Cl. / Perc. (太鼓) / Fl. / Trp.
 Trp最高音  1st: 実音G(記譜ラ)
 2nd: 実音D(記譜ミ、五線内)
 3rd: 実音C(記譜レ、五線内)

曲目解説

「ウルクの王」は2022年、フォスター・ミュージックへの書き下ろし作品として作曲されました。

この作品は、古代メソポタミア文明のウルクという街の王、ギルガメシュ(紀元前2600年頃〜)の半生を描いています。世界最古の文学「ギルガメシュ叙事詩」の主人公として広く知られ、伝説的な英雄かつ暴君のギルガメシュの以下の様な情景が、ドラマチックで色彩豊かに表現されています。

・ウルクの王、暴君ギルガメシュが街中を歩く(曲頭〜)
・怖れる市民たちを見て、神がエンキドゥを世に送り出す(練習番号A〜)
・ギルガメシュとエンキドゥが激しく戦う(C〜)
・戦闘を終え、お互いを認め仲良くなる(F〜)
・2人で森の番人フンババを倒しに行く(I〜)
・フンババを倒し、杉の木を持ってウルクに凱旋する(O〜)

オプション楽器が多く、最小で12人の小編成から35人を超える大編成まで、いずれの編成で演奏しても演奏効果が高く、無理なく響くオーケストレーションで書かれています。どのパートにもそれぞれ見せ場があり、題材となったギルガメシュのストーリーを想像しながら表現力豊かな演奏が期待出来るでしょう(オプションで書かれたピアノを入れると、中低音域がより充実した響きとなり、バンドのサウンドが安定します。)

打楽器は最小で2人から演奏することが出来、Perc.1はTimpの前にS.C.とWind Chimeをセッティングし、Perc.2はドラムセットのTom-Tom / S.D. / Hi-Hat / B.D.などを使用することで、1人で同時に2つ以上の打楽器を演奏することが出来ます。バンドの人数・大きさに合わせて打楽器パートの音量・音色バランスを調整することで、より一体感のある演奏となるでしょう。