ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

「アカシアの樹」 Acacia's Tree

グレード 3+
時間 6' 30"
人数 14人~
楽譜レンタル ブレーンミュージック
サンプルスコア
スコア全ページ
(ブレーンHPへ)
録音
「小編成レパートリーコレクション Vol.8 スターライト・ウインク」
(BOCD-7388)
木村吉宏指揮/フィルハーモニック・ウインズ大阪
サンプル音源
(フル音源)
木村吉宏指揮/フィルハーモニック・ウインズ大阪

「アカシアの樹」
 → コンクールカット案
編成 (*は省略可)
Fl. 1
Fl. 2*
Ob.*
Bsn.*
Cl. 1 / 2
Bs.Cl.*
A.Sax. 1 / 2
T.Sax.
B.Sax.*
Trp. 1 / 2
Hr. 1 / 2*
Trb. 1 / 2
Euph.
Tub.
D.B.*
Timp.* / Perc.1 / 2*/ Mallets*
(Perc. 1と2はドラムセットを使用すると1人て演奏可能)

<使用打楽器>
Timpani, Drum Set (Bass Drum, Snare Drum, Tom-Tom, Hi-Hat, Crash Cymbal, Suspended Cymbal, Wind Chime), Glockenspiel, Vibraphone


プログラムノート

「アカシアの樹」は2014年、群馬県桐生市の明照学園 樹徳高等学校の創立100周年記念の委嘱作品として作曲されました。

戦後間もない昭和22年9月、大型で勢力の強いキャサリン台風(カスリーン台風)が関東平野に接近し、各地に甚大な被害をもたらしました。被害の最も大きかった地域の一つである群馬県桐生市では、堤防が決壊して市内を流れる新川が氾濫し、家屋と共に多くの方がその犠牲となりました。

川の氾濫で樹徳高等学校も校舎の一部が流失し、その影響から以後数年間生徒が激減するなど、一時は廃校寸前の厳しい状況に追い込まれました。しかしその災害時、アカシアの木が学校の敷地内に流れ着き、その流木から小さな芽が出て、やがてその芽が大地にしっかりと根付きました。現在では学校のシンボル・ツリーとして、太く大きな木へと成長を遂げました。

日本はこれまで全国各地で数多くの自然災害に遭ってきました。そしてその度に、厳しく空虚な現実の中で、残されたものが力を合わせながら一歩ずつ再建への道を歩んできました。この作品ではアカシアのエピソードを踏まえて、厳しい局面を迎えて傷つきながらも、人々が前を向いて一歩ずつ、力強く歩いて行く様子を描いています。

曲は最小14人から演奏することが出来ますが、工夫次第では更に少ない人数で演奏することが可能です。厚いオーケストレーションで書かれてあるので1人1人の負担は少なく、バランスに気をつけて演奏すれば中編成や大編成でも迫力のある演奏となるでしょう。

打楽器は4パートで書かれてあり、最小1人で演奏することが出来ます。パーカッション1と2のパートは、ドラムセットを使用すると1人で演奏する事が可能です。


【打楽器パートの補足】
クラッシュ・シンバル(C.C.)の演奏に関して

→打楽器の人数が多い時は「合わせシンバル」で演奏し、人数が少ない時はドラムセットのシンバルをS.D.スティックで叩くと良いでしょう。(練習番号D~F、G、156小節目から最後まで)


フッターイメージ