ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

「ソロモンの指輪」 Solomon's Ring

編成 フレキシブル6重奏+打楽器 (右記参照)
グレード 3
時間 5' 00"
人数 6人~
楽譜
ブレーンミュージック
(FLMS-87054)
サンプル
スコア
スコア1ページ目
(PDFファイル)
録音
「フレキシブル・アンサンブル&バンド曲集 5」
洗足学園音楽大学
サンプル音源
洗足学園音楽大学
【Part 1】
(Fl / Ob / Eb Cl / Cl / S. Sax / Trp / Cnt)

【Part 2】
(Fl / Ob / Cl / A. Sax / Trp / Cnt)

【Part 3】
(Cl / A. Sax / Trp / Cnt / Flg / Hr / A. Hr)

【Part 4】
(A. Sax / T. Sax / Hr / A. Hr / Trb / Euph / Bar)

【Part 5】

(T. Sax / Bsn / Trb / Euph / Bar)

【Part 6】
(Bs. Cl / B. Sax / Bsn / Tuba / S. B.)


【Part 7】(オプション)
(S. D., Tom-Tom, C. C., S. C., Hi-Hat, Tri, Timp2台.)

【Part 8】(オプション)
(B.D.)
(Part 7 と 8 はドラムセットで1人で演奏可能)

【Part 9】(オプション)
(Glock, Xylo, Vib, Tub-Bell)
プログラムノート

「ソロモンの指輪」は2015年、ブレーン株式会社の依頼を受け、様々な組み合わせで演奏出来るフレキシブル作品として作曲されました。

「ソロモン」とは旧約聖書に登場する古代イスラエルの王で、即位して間もない紀元前10世紀頃、聖地エルサレムに神殿を建てることを計画します。建設が思う様に進まなかったソロモンがモリヤの山に行きお祈りを捧げると、天使ミカエルが現れて、神様への忠誠と引き換えに黄金に輝く指輪を授けられます。指輪を手にしたソロモンは、天使や悪魔を自由に操ることが出来る様になり、神殿の建設に成功して古代イスラエルの繁栄を気付くことが出来ました。

編成は管弦楽器のフレキシブル6パート+オプションの打楽器3パートで書かれていて、少人数の吹奏楽編成やアンサンブル編成で演奏出来る他、コルネットやアルトホルン、バリトンといったいわゆる金管バンドで使用される楽器にも対応しているため、金管バンドで演奏しても大きな演奏効果を得ることが出来ます。


アンサンブル・ソロ作品一覧

フッターイメージ