ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

「エルサレムの光」 Light of Jerusalem

グレード 4+
時間 7' 20"
人数 16人~
楽譜レンタル ブレーンミュージック
サンプルスコア
スコア全ページ
(ブレーンHPへ)
録音
小編成レパートリー・コレクション Vol.11 「魔法の鍋」 柴田昌宜指揮/陸上自衛隊中部方面音楽隊
サンプル音源
(フル音源)
柴田昌宜指揮/陸上自衛隊中部方面音楽隊
編成 (*は省略可)
Fl. 1 / 2*
Ob.*
Bsn.*
Cl. 1 / 2 / 3*
Bs.Cl.*
S.Sax.
A.Sax.
T.Sax.
B.Sax.*
Trp. 1 / 2 / 3*
Hr. 1 / 2* / 3*
Trb. 1 / 2 / 3*
Euph.
Tub.
D.B.*
Timp.
Drums
Mallets
Pf*


<使用打楽器>
Timpani, Suspended Cymbal,Wind Chime, Drum Set (Tom-Tom(3), Bass Drum, Snare Drum, Bongos & Congas Tambourine, Hi-Hat, Whip), Glockenspiel, Tubular-Bells, Vibraphone, Sleigh Bell, Xylophone, Marimba


プログラムノート

「エルサレムの光」は2017年、名古屋市立富田高等学校(顧問:渡部信介教諭)の委嘱により大編成の吹奏楽曲として作曲され、同校第14回定期演奏会にて、作曲者の指揮で初演されました。初演後、作曲者により最小で16人前後から30人程度で演奏出来る様に小編成版が作られました。

中世ヨーロッパでは、キリスト教がイスラム教から聖地エルサレムを奪還するという目的で、11世紀末から約200年間で合計10回の十字軍の遠征が行われました。その第6回の十字軍遠征を率いたフリードリヒ2世 (1194-1250) は、もともとキリスト教とイスラム教が共存するシチリア王国の王でしたが、神聖ローマ帝国の皇帝になったことを機に、自分の意に反してローマ教皇から十字軍遠征を命じられてしまいます。

イスラムとの争いを望まないフリードリヒ2世はエルサレムへ向かう道中、当時のイスラムのリーダー、アル・カーミルを相手に流暢なアラビア語で何度も手紙をやりとりし、辛抱強く外交交渉を続けた結果、1229年両者がエルサレムで共存する平和条約(ヤッファ条約)を結び、以後10年間はエルサレムに平和の光が訪れました。

しかしフリードリヒ2世がエルサレムを離れ、アル・カーミルも死去した後の1244年、再びエルサレムは戦火の地と化し、別のリーダーによる十字軍遠征も再開され、現代へと続くキリスト教とイスラム教の長い対立が始まりました。

この作品は上記のテーマを元に作曲されました。曲の各部分は以下の様な情景を描いています。

Andante maestoso : フリードリヒ2世の皇帝即位、同時にエルサレム奪還を命じられる
Moderato : エルサレムに向けて第6回十字軍が出発
Rubato : フリードリヒ2世、イスラムとの争いを望まず
Andante misterioso : アル・カーミルと手紙で粘り強く交渉を続ける
Andante tranquillo : 最初はお互いぎこちないものの、エルサレムに平和が訪れる
Presto : 両者のリーダーが街を離れ、不穏な空気から再び争いが起こる
Grandioso - Presto : エルサレムの平和は長く続かず、現代に続く長い対立が再び幕を上げる


打楽器パートはドラムセットを用いて3名で演奏出来る様に書かれてありますが、3名以上いる場合は適宜楽器を振り分けて、逆に3名以下の場合は、ピアノに書かれた豆譜(キュー)で補ったり、休みの管楽器奏者が打楽器を演奏する等の工夫を行うと良いでしょう。


フッターイメージ