ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

「クスノキの下で」 Under the Camphor Tree

グレード 2
時間 3' 00"
人数 7人~
楽譜
熊本県吹奏楽連盟
(熊本県吹奏楽連盟 所属団体様のみご購入することが出来ます)
サンプルスコア
スコア1ページ目
(PDFファイル)
録音
熊本県吹奏楽連盟
熊本ウインドオーケストラ

編成 (*は省略可)
Fl.*
Cl. 1 / 2
Bs.Cl.*
A.Sax.
T.Sax.*
B.Sax.*
Trp. 1 / 2*
Hr.
Trb.
Euph.*
Tub.
Perc.1* / 2*


<使用打楽器>
Timpani, Suspended Cymbal, Wind Chime, Glockenspiel


プログラムノート

「クスノキの下で」は2017年、熊本県吹奏楽連盟の委嘱により、同県吹奏楽コンクールBパート課題曲として作曲されました。

「熊本県の木」とされているクスノキは、学校や公園、神社など県内の至る所で見掛けることが出来ると思いますが、そのクスノキの下で営まれている、ごく当たり前の日常生活のありがたさ、大切さを思い巡らせながらこの曲は作曲されました。

曲はオプション楽器を多く設け、最小で7人から演奏出来る様に書かれてあります。技術的にやさしく、1人1人の負担が多くならない様、厚めのオーケストレーションで書かれていますが、パートのバランスが悪い場合などは、必要に応じて楽譜に書かれた豆譜(キュー)を演奏することでバランスの良い演奏をすることが出来ます。

個々の演奏技術がやさしい分、演奏者1人1人が自分の楽器の音質・音色・音程に気を配りながら、メロディと伴奏のバランス、フレージングの山と谷、三和音のサウンドバランス等、アンサンブルの演奏ポイントを一つ一つ確認しながら練習すると、より深い、表現力豊かな演奏となるでしょう。



フッターイメージ